会長ご挨拶

会長就任のご挨拶

このたびの会員総会に続く新理事会で、一般社団法人日本写真作家協会会長を拝命致しました。地域と共に写真展を通じてJPAの知名度を向上させるために、各種関連事業に新しい工夫をいれて推進して参りたいと思います。
今回はかつてない最小数の役員陣営での営為となりますが、過去幾度もの危殆を切り抜けてきた経験を強みとして、新規就任理事の方々の新しい発想を加え、一丸となって躍動し健全で底力のある日本写真作家協会の創世へと邁進して参ります。
また一方で、JPAの更なる飛躍を考えるとき、JPAにふさわしい英気・技量をお持ちの
人材がおられましたら、是非とも一緒に活動していただきたいと思っております。
今後とも従前と変わらず、一層のご支援、ご指導、ご鞭撻を賜りますようご挨拶かたがたお願いを申し上げます。
令和四年七月
一般社団法人 日本写真作家協会
会長 竹内祐三

令和三年 年頭のご挨
 会員の皆様、賛助会員、協賛会社の皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
日本を取り巻く世界の状況は、昨年発生した新型コロナウイルスの脅威の下で大きく変化して居ります。併せて気候の変調による災害の多発等々、先行きの見えない不安が心を乱し、安全確保や体調管理に四苦八苦しておりますが、皆様はいかがでしょうか?
令和元年、日本写真作家協会は創立30周年を迎え、新たに歩み出しました。
令和三年、新年を迎え、創立時の目的と今後のあるべき姿をしっかりと見つめ直し現代社会と写真界の中で、その状況に即した判断による運営を行うことを執行部一同心を新たに取り組んで参ります。
第31回JPA会員展、第18回公募展/東京展は、コロナ禍の中、3,000人近い来場者に作品を見ていただきました。1月19日(火)からは、大阪展/大阪市立美術館に巡回致しました。そして、2月27日(土)からは仙台展/せんだいメディアテークへと巡回します。
今年度のJPA展スタートに合わせてリニューアルした「JPA NEWS」は、皆様もご存知のように公募展受賞者の作品、活躍する写真作家の作品を掲載、JPA展会場でもお配りして大変好評を博しております。「JPA NEWS 166」は合併号として発行し、次号は4月頃の発行を目指しております。
一般社団法人日本写真作家協会は、一般社団法人日本写真著作権協会(JPCA)が構成する日本写真界を代表する十一団体の一つとして、会員並びに関係者の皆様と共に新たな歩みを進めて参りたいと思います。写真作家の社会的認識を高め、写真著作権の擁護と利用促進をすすめていきます。
3月1日からは、第19回公募展の受付が始まります。「フォトコン」3月号(2月20日発行)には作品募集案内とともに、フォトコン編集長藤森邦晃氏と棚井副会長が ”写真コンテスト”をテーマに語り合った対談も掲載されます。1月号からは棚井副会長の連載「意外と知らない “写真の権利”」が始まっています。ぜひご覧になって下さい。
会員の皆様、賛助会員、協賛会社の皆様のご健勝と、益々のご活躍、ご多幸をお祈り申し上げます。

令和三年新春

一般社団法人 日本写真作家協会
会長 三輪晃士

令和二年新春あいさつ「30周年の歩」
 会員の皆様、賛助会員、協賛会社の皆様、新年を迎えました。旧年中は多大なご支援とご協力、ご指導を賜り誠に有難うございました。本年もまた旧年同様ご指導、ご支援の程何卒宜しくお願い申し上げます。
昨年は新元号「令和」を賜り、我々国民も心を一つにして前進する希望に満ちた年でございましたが、日本列島には再三台風が上陸し、甚大な災害をもたらしました。報道で見る度に心が痛み、目を覆うばかりです。一日も早く復旧復興を進めて欲しい限りです。政治にとって国外への協力も大切ですが、同時に国内の復興支援と協力が重要ではないでしょうか!!
昨年第30回JPA展と、第17回JPA公募展では賛助会員、協賛会社の皆様の御協力でメーカー賞の増賞を頂戴しました。また、審査員特別賞を増賞し、出展作家の皆様も大変喜ばれた事と思います。皆様の30周年に寄せたお気持ちに心より感謝申し上げますと共に、盛大な内に展覧会を終了する事が出来ました事に安堵致しております。
一方、地方会員の展開では、広島会員の方々が「世界平和プロジェクト」を立ち上げ、一人の力では出来ない、他人を気遣う心や、戦争のない穏やかな世界を願う心を目標に、北海道から沖縄まで届く作品集や展覧会を企画しておりすでに発進しています。単にJPAの枠を越えたグローバルな発想での作品表現でございます。また、大阪展の方々も何か壮大な企画を思案中との様で、これも非常に楽しみな企画です。是非会員の皆様の勇気ある参加を期待したいものです。
令和二年の年頭にあたり『一般社団法人 日本写真作家協会』の30周年におよぶ歩みを忘れることなく、会員並びに、関係各位の皆様と共に新たな歩みを一歩ずつ進めて参りたいと思っております。
会員、賛助会員、協賛会社の皆様の御健勝と、益々のご活躍、ご多幸を祈念申し上げます。

令和二年新春

一般社団法人 日本写真作家協会
会長 三輪晃士

PAGE TOP