協会概要/役員紹介

日本写真作家協会の概況 JPAについて

概要

名称 一般社団法人日本写真作家協会 / Japan Photographers Association
創立 1989年5月30日 日本写真作家協会 創立
設立 2010年 6月30日 一般社団法人日本写真作家協会 設立
会長 竹内 祐三
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座1-19-3 銀座ウイステーリアビル3F  アクセス
目的 当協会は、写真による記録及び表現の創作並びにそれらの研究に努め、これをもって写真文化向上に寄与し、社会の発展に貢献することを目的とします。

役員

会長 竹内 祐三
副会長 山口 清
専務理事 山口 清(兼任)
理事 山田 信次
熊田 繁夫
樫本 宜和
監事 篠原 龍
髙橋 貴代司

名誉会長・名誉会員・顧問

名誉会長 津田 一郎
名誉会員 片岡 順一 川口 邦雄 須山 実
顧問 師岡 清高 米山 光昭
   

定款

ダウンロード (定款.pdf 170KB)

事業活動

写真公募展「JPA展」/「渡邉澄晴賞」「津田一郎賞」

公益事業として、1990年に「日本写真作家協会 JPA公募展」を立ち上げ、東京、大阪、地方都市を巡回する総作品展示数2,800点を超える大規模展覧会を開催しています。写真作家の登竜門として写真文化の発展に努め、2020年にはJPA公募展において、「渡邉澄晴賞」「津田一郎賞」を創設しました。

著作権の擁護と利用促進

一般社団法人日本写真著作権協会(JPCA)が構成する日本写真界を代表する十一団体の一つとして、写真著作権の擁護と利用促進をすすめるため、2017年より JPCAとの共催による「著作権セミナー」を開催(2020年1月現在、13 回)しています。また、”写真愛好家のための著作権”啓発活動を写真雑誌の連載や特集などを通じて行っています。

後世の残すべき写真の発掘と利活用

歴史に埋もれてしまう可能性のある優れた作品の発掘、アーカイブ、利活用を推進しています。埋没してしまう貴重な作品を後世に残すことで、写真文化の発展に努めています。

PAGE TOP