ニュース

第30回JPA展・第17回公募展スタート 東京展の初日来場者は1,058人超、会期中は4,185人で賑わう

第30回日本写真作家協会会員展、第17回日本写真作家協会公募展(東京展)が、上野の東京都美術館で2019年11月19日から24日まで開催された。公募展の応募総数は2,661点であった。その中で入賞、入選272点とJPA会員作品215点が会場に展示された。初日は1,058人が来場し盛況ぶりを見せた。
 東京展の後は2020年1月15日から19日まで大阪市立美術館で大阪展、3月19日から24日まで米子市美術館で米子展、4月7日から12日まで岡山県天神山文化プラザで岡山展、5月22日から27日までせんだいメディアテークで仙台展として東京と同じ内容で巡回展示される。
 公募展の表彰式は、東京展開催当日、同館講堂開かれた。三輪会長は「入賞、入選の皆様、受賞おめでとうございます。今年で30周年を迎えることができたのも会員の皆様をはじめ賛助会員、協賛会社等のお陰です。新たにいつまでも心を持って作品を作らねばと思いました」と挨拶された。その後、表彰状が入賞、入選者全員に会長、副会長から手渡された。津田審査委員長は「例年ですと、途中でどれがいいか決まるのですが、今回は最後までなかなか決まらなかったが、結果的に独特な作品の『化身』に決まった」と発表された。
 最後に文部科学大臣賞・JPA大賞を受賞された金子克巳さん(63才)は「びっくりしました。受賞の知らせを何度も読み直しました。写真は知人から勧められて8年になります。祭りが好きで、福島県のデコ祭りに出かけ、楽屋でチンドン屋さんが化粧をしているところを、許可を得て撮った一枚です。これからもいいなと思うものを撮っていきたいです」と喜びの挨拶がありました。会場からは大きな拍手が送られ閉会した。
 表彰式の後、懇親会が同館内の2階のレストランで開かれた。公募展の入賞、入選者を中心に会員、賛助会員、協賛会社、来賓の方々160人ほどが参加して盛大に行われた。三輪会長は「今日は素敵な時間だったのではないでしょうか、これから楽しくやりましょう」と挨拶。また今回は30周年を記念して、賛助会員、協賛会社の皆様に感謝状が三輪会長から授与された。その後来賓者の方々の祝辞をいただいた。そして渡邉、津田名誉会長によって乾杯が行われ、参加者たちはお酒を酌み交わし、暫しの間和やかに写真談義に花を咲かせ、親睦を深めた。
               
              記:山田信次、写真:伊藤和徳 HJPI320600000906

関連記事

  1. 8月10日(火) 棚井副会長が、NHK【 Eテレ】 に出演しま…
  2. 岡山「著作権セミナー」延期のお知らせ
  3. 堀井裕子会員 瓢蟲社メンバーと作品展を開催中
  4. 久野鎮会員 心象創作写真協会ウェブサイト公開
  5. 山口 清 会員(理事)の作品が「光彩写友会写真展」の案内葉書に
  6. JPA大阪展セミナーレポート
  7. 津田一郎名誉会長の作品をアップしました
  8. 第30回JPA大阪展・第17回JPA公募展/懇親会/著作権 レポ…

アーカイブ

PAGE TOP