会員写真展レポート

兼吉正純photoアート展ⅴ 2021.10.16~21 トアギャラリー 神戸

兼吉氏の5回目のアート展がいつものギャラリーで催行された、和紙風且つプレスコ(漆喰)調のプリント術で浮世絵の宿場町などをモジッた工芸品に近いイメージ作品と、オリジナリテイでは長く取り組まれている「水すまし」の動きのファンタスチックな表現、など数十点を階段壁面から2F展示ルーム一杯に飾り付けそぞろ歩き人の眼を止めていた。トーアロードはハイライフ感の神戸山手北野と海に近い外国人居留地を結ぶ「神戸な(神戸的な)」通りで東西にはカジュアルなファッションの発信地の隣り通りもあり、赤煉瓦の洒落たギャラリーに1Fのモダン作品ギャラリーと合わせ、アート感覚を織り込んだ兼吉作品は愉しめる散策ポイントになっている様である。

記/写真 藤本光浩HJPI320610000791

 

 

関連記事

  1. 大西忠男写真展【心に四季を感じる七十七(喜寿)展】
  2. グループ「隗」 四人それぞれの写真展
  3. 泉山元・堀井裕子二人展 記 :泉山元 / 中村輝一
  4. 「デジタルフォト研究会」”夢の配達人展2021…
  5. 師岡清高写真展「刻の表出」
  6. 籔本近美写真展「軌跡をたどる」final 2021/7/14-…
  7. 泉満明写真展「パサージュ」~ガラス屋根のレトロな散歩道~
  8. 泉山元写真集「縄文人を尋ねて」からインスピレーションを受けて

アーカイブ

PAGE TOP