渡邉澄晴

渡邉澄晴の写真雑科 10

渡邉澄晴の写真雑科 10

26.   ワシントン広場の夜は更けて
5つの区域からなるニューヨークの中心区マンハッタン。その中心を走る5番街の出発点が「ワシントン広場」である。ワシントン生誕100年を記念して建てたフランスの凱旋門に似た門が、この広場の象徴で、広場を中心に広がるエキゾチックな一帯がグリニッチ・ヴィレッジである。ここには民芸品店、風変わりな喫茶店、ジャズを演奏するバーが軒を並べている。
広場には、思い思いの楽器を携えた若者たちが三々五々と集まり、歌い、踊り、合唱合奏していた。私は、この広場と、そこを取り巻く街、グリニッチ・ヴィレッジにすっかり魅せられ、週末には、「ワシントン広場の夜は更けて」の、歌のご当地に通うようになった。

27.   郷にに入っては郷に従え

 月曜日から金曜日まではブルックリンのアパートから地下鉄に乗り、マンハッタンの職場へ通っていた。服装はこの時間帯の男性に合わせ、背広に派手なネクタイ、そして中折帽子というスタイルだった。しかし、週末は一変した。頭を洗い、ボサボサのヘアースタイルにジーパン姿でワシントン広場に通っていた。気分的にも抵抗なくこの地の若者と接するには服装からと考え、子供売り場で買ってきたジーパンを風呂場でごしごし軽石でこすり、わざわざ生地を傷めて穿いていた。「人は住んでいる土地の風俗・習慣に従うのが処世の法」に従ったのである。日本でも破れたジーパンを穿いた若者を見かけるが、ここでは50年前からのスタイルなのである。

28.   ケネディ大統領暗殺事件

 ニューヨークに来て1年余りが過ぎた1963年11月22日金曜日。昼食を食べにレストランに行こうとしたとき、テキサス州ダラスでケネディ大統領が暗殺されたという、ショッキングな訃報が入ってきた。この日は初の人工衛星によるテレビ放送の最中だったので、事件はリアルタイムで全世界を駆け巡った。

関連記事

  1. 自撮りで挑戦
  2. 渡邉澄晴 写真エッセイ 2「東京オリンピック1964年」
  3. ニューヨーク物語20「恋の季節」
  4. ニューヨーク物語13「ニューヨーク恋物語」
  5. ニューヨーク物語15「写真が繋ぐステキな出逢い」
  6. 渡邉澄晴の写真雑科 8
  7. ニューヨーク物語 4 「和紙×写真」
  8. ニューヨーク物語 8 「ハイブリッド写真作家 in NYC」

アーカイブ

PAGE TOP